栄養バランスを整える|体外受精の医院に相談をして健康な子どもを産む準備を進めませんか|baby.com

栄養バランスを整える

食事

食べても大丈夫なものとNGなものがある

妊婦にとって一番気を付けなければならないのは食事です。毎日規則正しい食事を続けるのは難しいですが、妊婦にとって欠かせない栄養素を積極的に摂取していくことが肝心です。妊娠中に摂取するのがNGな食物もあるので注意しましょう。

魚が好きな人は妊娠中は絶対に避けよう

刺身や焼き魚など日常生活の中で食べることも多いですが、妊娠中は魚を積極的に摂取するのは良くないとされています。マグロなどの魚には水銀という成分が含まれています。この成分を摂取しすぎるとお腹の赤ちゃんの神経に影響を与えるとされているのです。

アルコールは発達障害を招く恐れがある

妊婦になると医師からアルコール摂取がNGだといわれることがあります。アルコールは胎児にとって悪い影響しか与えず、脳の発達が遅れるとともに健康的な身体を作ることができなくなる恐れがあるのです。お酒好きな人でも妊娠中にアルコールを飲むのはやめましょう。

卵料理は良いが生卵は控える

生卵がNGな理由は食中毒を招く恐れがあるからです。サルモネラ菌が存在している可能性があるため、妊婦は生卵を摂取するのは控えましょう。サルモネラ菌が身体の中に入ると下痢や嘔吐などを引き起こしてしまいます。

身体に優しいものを食事の中に取り入れよう

普段から食べているものでも、妊婦にとっては身体に負担をかけ健康的な胎児が生まれなくなる恐れがあるのです。妊婦にとってNGなものは絶対に避けることはもちろんのことですが、赤ちゃんのことを考えて食生活の改善をするようにしましょう。

妊婦によく起こる問題を解決しよう!皆の悩みをチェック

妊娠してから便秘になることが増えたのですが何が原因ですか?

それは女性ホルモンの分泌が増えているからです。このホルモンが増えることによって腸内の蠕動運動が活発化しなくなるため便秘を引き起こすことが増えます。便秘のときは腸内環境を良くする食品を摂取するようにしましょう。

なぜむくみが起こりやすくなるんですか?

妊娠中は赤ちゃんをつくるために体質が変わっており、体内に水分が増えてしまうことでむくみの症状を引き起こします。むくみによって身体の循環が悪くなるので、定期的にマッサージをして症状を抑える必要があります。

つわりが酷くて落ち着いて横になることもできません

妊娠中にはよくある症状のつわりですが、日常生活の送り方によってつわりの症状を緩和することが可能です。食事のときに発症することが多いため、そのときは無理をする必要はありません。必要に応じて薬を摂取しましょう。

だんだん体重が増えているのですが・・・

お腹の中にいる胎児が成長することで徐々に体重も増えていきます。体重は定期的に記録をしていくことが望ましいです。そうすることでこれからお産する時の危険を回避することにも繋がります。異常に体重が増えても体重管理をしていればすぐに気が付けます。

広告募集中