治療の流れを理解しよう|体外受精の医院に相談をして健康な子どもを産む準備を進めませんか|baby.com

体外受精の治療を行なえるクリニックがあり、不妊治療には最適

どうしても妊娠できない人は「体外受精」

体外受精の方法は身体に負担をかけてしまいますが、ほぼ確実に妊娠をすることができるといわれる不妊治療の一つです。不妊治療を行なっているクリニックへ行って医師と相談をしてから体外受精の治療を受けましょう。

治療完了をするまでの流れはコチラからチェック

まずはクリニック探しをする

体外受精の治療を行なえる専門クリニックは限られているので、まずはインターネットなどから体外受精の治療を展開しているクリニックを大阪で探しましょう。情報サイトから大阪のクリニックを見つけることができます。

診察の予約をして当日クリニックへ訪れる

土日は混雑している可能性があるので、なるべく事前に診察の予約を取っておきましょう。人気のクリニックなら予約をしても診察までに待つ可能性もあるので注意が必要です。すぐに診察を受けたいなら平日を狙うのが良いです。

不妊治療に有効的な方法を試す

不妊治療はまずはじめにタイミング療法や人工授精などから行ないますが、それでも妊娠することができない場合は体外受精の治療を提案されます。どの治療法でもあまり効果が期待できないときは体外受精を選択しましょう。

まずは卵巣を刺激して受精の準備をする

大阪のクリニックで体外受精をするときは、まず身体の中にある卵巣を刺激して妊娠の確率を上げる必要があります。その後、受精の準備をしてから身体の中の卵子を取り出し、培養液の中で受精をさせてそれを体内に戻します。

確率アップするために黄体ホルモンを補充していく

受精したからといって必ずしも妊娠するとは限りません。着床率を更に高めるため定期的に黄体ホルモンを身体の中に補充していきます。そうすることで妊娠する確率をアップさせることができるでしょう。尿検査をすることで妊娠しているかをチェックできます。

治療の流れを理解しよう

女性

高度な技術が必要となる治療法

大阪のクリニックでは体外受精の治療を行なうクリニックがたくさんありますが、体外受精の治療はかなり高度な技術を要するため、治療を受ける際にはプロの医師に依頼をするようにしましょう。担当する医師によって妊娠の確率が変動することもあります。

費用面も考えた上で検討しよう

基本的に体外受精の治療は保険が適用されないため、保険外治療となります。そのため自己負担額も多くなり高額になることが予想されます。数十万かかる恐れがあるので、治療を受ける前に医師と相談をしておきましょう。

広告募集中